忍者ブログ

マグロジュースのブログ

ボカロ、UTAUの音楽の話や、創作の話や、バイクの話などをする時はすると思いますが、しない時はしないと思います。

葛西りまさんが亡くなった青森の北常盤駅へ、新潟から献花に行った話


8月25日の10時頃、浪岡中学校2年の葛西りまさんが北常盤駅にて列車に飛び込み、亡くなられました。ご遺族の方々が公開した彼女の遺書には、同級生たちからいじめられていた事実と悲痛な思いが綴られていました。
時が経つにつれて徐々に凄惨な実態が明らかになって、この出来事の詳細を知った時には本当に胸が締め付けられる思いでした。どうしても心苦しくて居ても立っても居られず、亡くなった場所に直接お花を届けて冥福を祈りたいと思い至りました。

本来であればこういう内容は公表すべきではないと思います。自分は趣味の世界でひっそり生きていたい属性なのでそもそもブログのアクセス数が増えるような事をするのも怖いです。
ただ、りまさんが亡くなった事実を、彼女の抱えていた思いを一人でも多くの人に知ってほしい。
13歳の小さな子がなぜ自ら命を絶たなければいけなかったのか、こんなに悲しい事が二度と起こらないように、ここに辿り着いた人みんなに考えてほしいと思い、記録を残す事にしました。
若造が変な事してると思われるかもしれませんが、読んで頂けたなら嬉しいです。

お花は前日に職場の近くの花屋で購入しました。亡くなった方の為に選びたいと相談したら親切に一緒に選んで下さって、とても嬉しかったです。花屋のおばちゃんありがとうございました。車はの免許は持っていないので、新潟から青森までは250ccのバイクで花は大きめのリュックに入れました。

 

卵かけご飯を食べて朝6時、新潟の自宅を出発。新潟→山形→秋田と日本海側を北上して青森を目指します。7号線と、それに並走している建設途上の自動車道を使いながら行くのが現状の最短ルートでした。



ツーリングを楽しむ目的ではないので写真はこれぐらいしかありません。申し訳ない。
のどが渇いて水分を取るのに停車した山形と秋田の県境あたりの風景です。こんな所をずっと北上して行きます。
北に行くにつれて気温が下がり真冬装備で行ったのに物凄く寒かったです。高速では震えが出てきて風やら振動やらもあり、かなり体力が持っていかれるので恐ろしいです。花を運んでいるので、出来る限り早く届けたくて休憩は水分補給だけにして8時間半ほぼずっと乗りっぱなしでした。体もバイクも不調無く、黒石ICを降り14時半頃に北常盤駅に到着できました。



無事に献花をさせて頂くことができました。一緒に手紙を添えました。亡くなったホームに向かって祈らせて頂きました。本当に、本当にご冥福を心からお祈り申し上げます。
風がとても強く折り重なるように置かれていた献花ですが、翌朝、出立前に訪れた時には駅の方がしてくれたのか、綺麗に並べられていました。ありがとうございます。献花させてくれて、お話を聴かせてくれた駅員のおばちゃん、ありがとうございます。



向こう側のホーム、一番奥の所で青森行きの列車に飛び込んで亡くなられたそうです。
亡くなる時、何度も後ろを振り向いて泣いていた、お気に入りの服と靴を身に着けていたそうです。
献花を終えてから一日中涙が止まりませんでした。
どんな理由があっても、13歳の幼い子に自死を選ばせるような事があっては絶対に駄目です。
せっかく頑張って生まれて来てくれたのに、こんなむごい選択をさせてしまう世の中で本当に申し訳ない。生まれてきてくれた子供たちにもっと広い世界を見せてあげられるような、素晴らしい人生を与えられるような世の中にしなくてはいけないのに、自分の事ばかり考えて生きてしまい申し訳ない。本当に申し訳ない。今こうやって書いている間も涙が止まらない…

お願いします、こんな風に優しくて、繊細で、友達思いで、少し変わっているけれど感受性が強くて魅力的な子が居たら、絶対に死なせないで下さい。何があっても、何があっても守って、お願いです。必要なんです。良い子が増えれば、良い大人になって良い社会を作ってくれるんです。
この世界を温かく、平和なものにするために、生まれてきてくれているんです。
こういう子が本当に必要なんです。何よりも大切なんです。宝物なんです。尊いんです。
沢山の楽しみを与えてあげて、広い世界を見せてあげて下さい。日本は広いです。素敵な友達や恋人に囲まれて幸せに過ごせる場所が必ずあります。
小さな言動や行動からでも良いです、みんなが守ってくれればきっと変わるんです。

もし、りまさんと同じような境遇の子がここを見ているなら、僕からお願いです。
あなたの心がどうしても未来の世界に必要なんです。あなたが傷つくのは、素晴らしい優しさを持っているからです。あなたが落ち込むのは、同じ気持ちを味わっている人を助ける強い心をいつか持つためです。
その貴重な命を、人を傷つけても心が痛まないような奴らの為に使う必要なんて無い。周りに合わせるのが苦手なら無理をして学校なんか行かなくてもいい。ネットで友達作ったり、好きな所に出かけたりして個性を磨いて最高に素敵な大人になれるから、どうか死なないで。自由に生きて。

彼女は偶然にも、悪い人達に囲まれて逃げ場も無くなってしまった。
誰も守ってあげられなかった…


飛び込んだ直後に、強い痛みと共に、凄く後悔したと思います…


この場所で、そんな感情が伝わったような気がしただけです。変な事言ってごめんなさい。
弘前駅前のホテルで一泊し、翌日に再度訪れ祈ってから帰宅しました。帰りの道のりでも時折泣いてました…泣き虫で情けないです。



色々ご意見はあるかと思いますが、もしこの記事を読んで何か感じた事があるなら、ツイートやシェアをして頂けると嬉しいです。報われます。明日からまたいつものひっそり人間に戻ります。読んでいただきありがとうございました。

最後に、葛西りまさんの手踊りの動画を載せておきます。手前後ろ側ピンクの着物を来た子です。輝いてます。



葛西りまさんへ
あなたがどんなに苦しかったのか
想像するたび 心が強く痛みます
ここであなたが亡くなった事は
決して忘れません
あなたの抱えていた思いは
決して無駄にはしません
あなたのように素敵な人が
安らげるような世の中にします
どうか安らかに眠って下さい

新潟から 心をこめて
PR