忍者ブログ

マグロジュースのブログ

ボカロ、UTAUの音楽の話や、創作の話や、バイクの話などをする時はすると思いますが、しない時はしないと思います。

【揺歌サユ】博文約禮【オリジナル】歌詞と楽曲解説



〇ニコニコ版はことぅら
 
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
 
あの時 あの場所で 覚えた胸の痛み
あの時 あの場所で こみ上げて来た涙の意味を
君も知りたいでしょう?
 
悩みしがらみ 答えの出ない問いが積み重なり
奥に秘めてるばかりで 憂鬱になっていくEvery Day 
学校では教えてくれない 父さんも母さんも気付かない
受験に向けての勉学でも消えない頭上の?マーク
 
どこからきたの今の私 どこへ向かうの不安ばかり
募る増える思いの遥かに 道は見えるほんの僅かに
Anytime出てくる疑問詞 見たい知りたいA to Z
そこから生まれる探求心 さながら気分は遣唐使
 
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
 
あの時 あの場所で 覚えた胸の痛み
あの時 あの場所で こみ上げて来た涙の意味を
君も知りたいでしょう?
 
孔子曰く 孟子曰く 私曰く 君曰く
兎角考え方は多種多様 一つだけじゃ無いんだよ
果てなく周り見渡して 隔てなく知識取り入れて
自分らしく模索正しく考察して 有象無象解き明かそう
 
大切なのは仁と礼 今風なら愛と思いやりだね
それがあるならAll OK 曲がった事はしないよね
じゃあこのあたりでちょっと休憩 落ち着ける喫茶店に入店
ホットコーヒーオンザココナッツで息抜きするのも大切
 
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
 
あの時 あの場所で 覚えた胸の痛み
あの時、あの場所で こみ上げて来た涙の意味を
君も知りたいでしょう?
 
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
博文約禮 廻り続ける疑問のリフレーン
答え求め 学び続ける事で世界は見える
 
〇解説
孔子の学問がテーマの中華風UTAUラップという、無さそうで無かった曲が出来ました。いやまあ、無いですね。初めてですね。

揺歌サユオリジナル曲の投稿は約2年ぶりのようです。サユの声はとてもラップ向きで作りやすく、特にルの発音に独特のなまりがあって語尾に持ってくるととても良いフロウになります。
ただミックスの時に気付けばよかったんですがもうちょっとメインボーカルを強調したほうがその辺も聴き取りやすくて良かったかなと思います。
若干楽器に埋もれがちな感じになっちゃったので…
追記:↑はYouTube版で修正しました

中国の楽器を入れたいと思い二胡か笛子かで最後まで迷いました。今回は二胡でしたがいずれ笛子でも何かやってみたいです。
打ち込みでなくても… 持ってますので。吹けますので。



一応学問がテーマの曲ですが難しい意味ある訳ではなく、本当にはじまりのはじまりというか…色んな事を知りたい、学びたい、考えたい、役立てたい、みたいな単純な気持ちを表したものです。

『博文約禮』というのは孔子の言葉が起源の四字熟語ですがこれも単純です。

「孔子が言いました。幅広く学んで教養を豊かにしよう、それを真心に基づいて実行するなら、道にそむくことはないでしょう」

こんだけです。単純ですね。そして最高です!

新潟駅の地下街が巨大な書店になっていて、最近そこに通い詰めて世界中の歴史書とか人文学書をアホみたいに読んだり買ったりしてるんですが…学べば学ぶほど知識欲が溢れてきまして、そんな時に浮かんだ曲です。



こんな感じの場所です、とにかくものっすごい規模なので全景を映すのは不可能です。ずーーっと向こうまで続いてますがこの3倍くらいの規模+1Fあります。「知りたい」と思えばあらゆる事が知れる場所です。

更に書店に併設された穴場的な喫茶店がありまして、そこでコーヒー飲みながら買った本を読めます、歌詞にあるホットコーヒーオンザココナッツってのはここのメニューです。正式にはココナッツカプチーノですが。



ここからは話が逸れるかもしれませんが…

僕は学生時代は色々あって勉強放棄して、高校は退学して一年ニートしてました。その後定時制卒業してますが学歴は無に等しいです。世の中の事も、勉学も大嫌いだと。糞だと。ずっと思ってました。

でも経験をしていく内に気付きました。
周りと合わないのが嫌なだけで世の中が嫌いなのではなく、形骸化された事を無理やりさせられるのが嫌なだけで勉学が嫌いなのではなかった。
本当は他の誰よりも世の中の事が好きで、いろんな事が知りたくて、とても勉強したかったんだ…と思いました。
その結果学歴が無いのになぜか学識があるという謎の人物になりましたが。

だから、勉強嫌だなーとか、辛いなーと思ってやってたり、親や学校に強制されている人を見ると胸が痛くなるんですよね。締め付けられるというか…

昔の人たちが言っていた勉学って、そいうい苦しい物じゃないのになって…。

そんな自分の気持ちも併せて、乗っけてみたつもりです。

学ぶって 良いよね!って感じで。
PR

【彩音ゆめ】退廃的思考【オリジナル】歌詞と楽曲解説



〇ニコニコ版はこちらにて候

頭の中はいつも大概 退廃的思考でいっぱい
正気と狂気が一進一退 オンリーロンリー超絶論理
頭の中はいつも大概 退廃的思考でいっぱい
正気と狂気が一進一退 オンリーロンリー超絶論理
 
レコードをお皿にして ポテトサラダを盛りつけて
タバスコスコスコかけちゃって ドドスコスコスコ召し上がれんれん
千年越しに転生した 博識多才な哲学者
今はフォロワー全然いないわ ツイートするけどいいねゼロ
 
高麗人参元気ビンビン 片頭痛には効果大
でも心が治るわけじゃないから 目覚めぬ事を願って寝たい
 
頭の中はいつも大概 退廃的思考でいっぱい
正気と狂気が一進一退 オンリーロンリー超絶論理
頭の中はいつも大概 退廃的思考でいっぱい
正気と狂気が一進一退 オンリーロンリー超絶論理
 
利休恋した割れ茶碗 僕は愛したローファイビーツ
いつの時代も変わらない でも奴は言った「それは後退」
そうかい じゃあ壊れかけたあの子を愛したこの気持ちは一体なになに
ナチナチナチスに嫌われて アルアルアルプス超えて行け
 
誰の理解も及ばない いっそのこと死んでしまいたい
でもこれだけ言わせてもらいたい 温泉饅頭超うま~い!
 
頭の中はいつも大概 退廃的思考でいっぱい
正気と狂気が一進一退 オンリーロンリー超絶論理
頭の中はいつも大概 退廃的思考でいっぱい
正気と狂気が一進一退 オンリーロンリー超絶論理
   
バンバン叩けば壊れる だんだん出来なくなっていく
けど人生にはないリテイク 退廃的思考は続く…
 
〇解説
初期に上げたのはMIXが不十分だったので上げなおして修正しとります。

いつもサビはメロディーをのっけていますが今回は全編ラップです。
彩音ゆめオリジナルはハイファイのクリアなイメージの曲が多い中、こんなざらざらレコード音源の濁りまくった曲をのっけてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです、反省は全くしていません。なぜかゆめは声質的にローファイな音と合わせたくなってしまうんですよね。低音域が茶色っぽいんですよ。茶色とか金色?みたいな?
サムネも本家様の清涼なイメージをだいぶ逸脱していますが彩音ゆめで間違いないです。なんというか、退廃的な、病理的で鬱々とした?感情を入れ込もうと思った結果ダークサイドに落ちた感じの見た目になってしまいました。僕が女の子を描くとなぜかいつもムスっとした表情になるんですよね。笑顔を描いたことがほぼありません。昔から謎です。

サビ部分はかなり韻のクオリティ高いと思うんです…これ結構いいと思ってるんですけどね。どうなんすかね。
リリックは半分適当なんですが半分真面目かもしれません。普段から鬱っぽいので自分の感情的なのも有りますが、「退廃芸術」に若干影響を受けました。

むかしむかし、ヒトラー率いるナチスドイツは実写主義、簡単に言うとリアルな絵しか芸術として認めないという考えがあり、表現主義、簡単に言うとピカソ的なやーつを文化を衰退させる悪として「退廃芸術」と呼び徹底的に弾圧していました。
エンルスト・ルートヴィヒ・キルヒナーという表現主義画家が居るんですが、彼はナチスの迫害を受けスイスに逃亡します。しかし、ナチスが開催した表現主義を笑いものにする展覧会に彼の絵が多数出展され、ショックで彼は自殺をします。

自分の表現を笑いものにされ、感性を時代に全否定されて死ぬなんて胸が痛い。
彼の作品が悪い物だったなんてとんでもないです。

 

僕の一番好きな画家です。

音楽も、良い音楽=高い評価、高いクオリティっていうおおよその考え方が完全に定着してますけど
万人受けしなくても、技術が一流でなくても、癖のある曲でも作り手の個性が光りまくってて逆にそっちの方が表現のレベル高いんじゃないかと思う時があります、それを小馬鹿にするような気持ちには賛同出来ません。
白磁の器や西洋の銀食器より、いびつな焼き物の茶碗のほうが劣っているとは思いません。

自分は感性を追求する感覚でやってたいなーと考えています。だからほぼ勘だけでここまで来ました。もちろんこの曲も、勘だけ製作でございます。。

脇道にそれましたね、以上です。

【雪歌ユフ】愛は雨のように【オリジナル】 歌詞と楽曲解説



〇ニコニコ版はコチラデス
 
雨風薫る青の季節 この足元に落ちる雫は
涙かただの水滴か 分からないけれど睡蓮花を
眺めてただ佇んで いるだけ 
濡れた手に触れてる 冷え込む午前の冷たい気運
 
あの時の思い出 朝霧の中へ消えて
焦がれて追いかけて この体もその中へ行きたい
未来はいらないから でもI Knowわかるよ
I Can't Go There 時の流れもう戻らないね
 
止まない 雨 止まない
もう傘は壊れて使えない
 
止まない 雨 止まない
あの日からずっと…
 
あなたが居なくなって 涙する季節と私
いつかここも海になって 沈んでしまう
今すぐ胸の中に 帰ってきてほしいけど
分かっているよ 鼓動はもうきけないと…
 
晴れぬ昼下がり揺れる水溜り 振り向いてばかりの私
当面の予報では続くらしい そうねこのままの方が良い
周りの空気見渡す景色 私の精神世界のようで美しい
感傷的と思わないで 情緒的に受け入れて
 
あれから何年たったって 変わらない愛は同じだけ
今日の雨模様のように 強弱繰り返し降り続く
心に一途な想いをずっと貫く それは時に終わらぬ孤独
いつかこの季節過ぎるけれど なぜか心の中いつまでも
 
止まない 雨 止まない
どうしたら止むのか分からない
 
止まない 雨 止まない
あの日からずっと…
 
あなたが居なくなって 涙する季節と私
いつかここも海になって 沈んでしまう
今すぐ胸の中に 帰ってきてほしいけど
分かっているよ 鼓動はもうきけないと…
 
あなたが居なくなって 涙する季節と私
いつかここも海になって 沈んでしまう
今すぐ胸の中に 帰ってきてほしいけど
分かっているよ 鼓動はもうきけないと…
 
〇解説
梅雨シーズンに合わせて作りました、いつものアンビエントっぽいHIPHOPっぽい何かです。
ニコニコ版はボーカルの音圧が高めで強弱があり、youtube版は均一で環境音に溶け込む感じなっています。ニコニコ版は若干荒ぶっているのでマイルドなyoutube版をおすすめします。

ピアノ部分はサンプリングで、昔やっていた韓国製オンラインRPGのReminiscenceという原曲です。電子ピアノ感が出まくっている音だったのですがいろいろ加工してほぼ生音にしか聞こえないレベルになりました。
青春時代はずっと遊んでいたゲームなので本当に思出深い曲です。曲集聴くと泣けてきます。
原曲聴きたいなーという方は↓



今回は絵ではなく写真です。長野に一人旅に行ったときに路地でなんとなく撮ったのですが…
この壁を泳いでる魚と、子供が置き忘れたピンクの傘の対比がなんとも魅力的で。
なんでかは、分かんないです。謎です。なんとなく魅力的です。



雨って一定のペースで降る事ってあまりなくて、緩まったりちょっと激しくなったりっていうのを繰り返すじゃないですか、それを表現したくて、またそれが、昔の恋人を思い出して悲しくなる心の波ととても似ているなーと思ったので繋げてみました。なので実体験がベースの作詞です。
かなり昔の話だしこんな所で詳しく語るつもりは毛頭ないですけど、僕の恋人はたった一人しかいないので。恋の曲はみんな似たような感じになるでしょうねきっと。。。

【鏡音リン】LIFE OF GREEN【オリジナル】歌詞と楽曲解説



★ニコニコ版はコッチーラ

太陽優しくて 愛を思い出して
鳥たちは歌うよ Life of Green
 
太陽優しくて 愛を思い出して
鳥たちは歌うよ Life of Green


人々は緑と 共にあったねいつの日も 
木漏れ日の揺らすBeatに ノっていよういつまでも
風がふわり草木は香り 命の恵み感じれる日々
むかしむかしからずっとそう 同じ形だよ今も

溢れ出す 溢れ出す 自然の力
止めどなく 止めどなく 未来まで続け

Tomorrow Tomorrowまた明日 そのまた明日まで続いて
生まれ変わって戻ってきても 変わらないでね


太陽優しくて 愛を思い出して
鳥たちは歌うよ Life of Green
 
太陽優しくて 愛を思い出して
鳥たちは歌うよ Life of Green


青い空見上げれば 囚われていたことが
頭上に昇り向こうに 飛んでいくでしょう

都会の喧騒のまれちゃいそうなら Feel so Goodなアイディア
Riluxできそうな Green Landをつくろうよ

僕らの 僕らの 暮らしは全て
ひとつの ひとつの 惑星の上 

I believe in future 愛に生きる為には
必要なものそれはここにあったの だから育てて行こうぜ


太陽優しくて 愛を思い出して
鳥たちは歌うよ Life of Green
 
太陽優しくて 愛を思い出して
鳥たちは歌うよ Life of Green


イノチハキエテ イノチウマレル

セカイハキエテ マタツクラレル

★解説
色聴の話が混じるので意味不明だったらすいません

自然がテーマのぽかぽかアンビエント系HIPHOPです
3番から曲調変わるので2度楽しめるお得トラックです
自分好みな感じには出来ているんですがトレンドと逆行していてどの層がターゲットなのか全くわからないですね。しかもHIPHOPなのにオラオラしてないしアンビエントなのにビートに乗ってるという、何なんですかね。。

サンプリング元はShe Loves Meという大昔の名も無いポップスなんですがフルートとハーモニーに若草色が見える曲です。音源漁りをしていて見つけたんですがこういう色合いは珍しかったのでびびびっと来て採用し、(横笛系は若草色っぽいのが多い)リンちゃんの声質も低音域はクリーム色 高音域は若草色が連想されてこれもぽかぽかして何となく春っぽいというか自然っぽいなーと思い歌わせる事にしました。
それに合わせてシンセは太陽や蝶が飛んでいる感じの色合いをイメージしています。自然に癒されろ~と思って作りました。
前半は。

後半は面影を残しつつも全く別の曲調になります。こっちは蒼とか赤紫とか紫っぽいイメージを重ねています。
自然の災害というか、狂気というか、人間にはどうする事も出来ない怖い部分ってあると思うんですけど、そんなのを感じてほしいです。自然は与えもするし、奪いもする、表裏一体なのでこれが1セットなんです。
最後の最後は「アポカリプティックサウンド」っていう世界の終わりを告げる音を表現しました。人が唸っているような巨大な反響音が自然界で聴こえる事があるらしく、原因不明らしいですがここ最近増えていて都市部で聴こえたという例もあるそうです。検索するといっぱい出てきます。興味深いですよ。

え、聴きたいって?しょうがないなぁじゃあ貼っとくね!!


前世記憶について話す時が来るかもしれませんねという話


普段はひっそり適当に生きてる人間の僕ですが、死ぬまでには一度話したいと思っている事がありまして、前世はあるんだよって話と自分は前世の記憶があるよっていう話です。

昔はありませんでした。ちゃらんぽらんなクズ野郎として人生を謳歌してました。
後天的に思い出したという事になります。徐々に徐々に復元されていったんですが、自殺ミスった事がありまして、それがきっかけで一気に思い出した感じがあります。
当時の風俗とか、文化とかはかなり濃く覚えているので何か参考になる事があれば嬉しいです。

一応安心してほしいんですが僕は何の宗教にも組織にも属していないし、属す気も全くないです。そういうのではないですので。むしろカルトもオカルト嫌いです。
事実ここで話すことも何の証拠も無ければ立証もできません。自分がそういう病気なだけかもしれません。

できるだけ正確に、慎重に話したいと思いますが、変な奴が変な話してると思いながらゆるーく聞いてくれれば幸いです。

ここに来た人が、何となーく心のつかえがとれるような、生きてる意味っていうのを感じられるような話ができればと思います。

以上、序文でした。

        
  • 1
  • 2
  • 3