忍者ブログ

マグロジュースのブログ

ボカロ、UTAUの音楽の話や、創作の話や、バイクの話などをする時はすると思いますが、しない時はしないと思います。

【彩音ゆめ・雨月】CLOUDY TOWN【オリジナル】 歌詞と楽曲解説



★ニコニコ版はこづら

いつからだろうかこの町から 空のColorが消えたのは
いつからだろうかこの町に コンクリートアパートが増えたのは
Brand New World求めていたのは いつの日か忘れてしまってた
やりたい事を諦めては つまらない景色眺めてた

アスファルトは冷たく 歩く足音に心は無く
衝動に駆られて上を見上げても 知らぬふりしてまた目を閉じる
雨雲に絡まる送電線に 投影される過去の経験
見たくない事感じたくない物から この私を包むよ雲模様

明日の朝が来たら行こうかな
私が私でなくなる前に自由を見つけに

明日が来るその前に迎えに行こうかな
もうずっと悩んでいるのそう置いてけないよ君を


いつか君の手をとって 抜け出したいこのCLOUDY TOWN
求めていたの新しい世界を それなのに どうして…


何かの為に生まれて いるはずなのに はずなのに
何かを忘れたままで ただ生きている 生きている
黙って待っているんだ 命の火が消える日を
私の記憶の中の タイニーな想い泣いているのに 

雲の無い街目指したい 君を連れ出し逃げ出したい
憂いは多少あるでしょう でも光さす場所目指しましょう
灰色になった風の音に 切り裂かれた非力な心
拾い集めたらここを出よう 出口は必ずあるよ

明日の朝が来たら 行くからね
その曇り顔晴らせるなら この命だって使うから

明日が来るその前に 迎えに行くからね
宝物カバンに詰め込んで さあGottaGoちょっと待ってて


いつか君の手をとって 抜け出したいこのCLOUDY TOWN
求めていたの新しい世界を それなのに どうして…

いつか 君の手をとって 抜け出したいこのCLOUDY TOWN
求めていたの新しい世界を それなのに どうして…


★解説
投稿日がクリスマスだというのに、全くかけ離れたダウナー系の曲でした。
以前から彩音ゆめと雨月の声質は凄く合うんじゃないかと思っていて、一度作ってみたかったんです。
住んでる地域がほとんど曇りなのと、鬱っぽい感情になる事が多いのでそんな情景を込めました。
ジャズのサンプリングをメインに同じメロディーが繰り返される典型的なHIPHOPのトラックです。人気度的には薄いと思います。
でも個人的に同じ音のループって凄い魅力を感じてまして、無駄を廃した最低限のメロディラインで、凄く綺麗で感動的なトラックを作れるような人に憧れます。Nujabesみたいな。
リリックは詩的表現に韻を合わせていくような、文学の派生みたいなイメージで作りましたので、本筋の人たちの持っているHIPHOP魂的な物は無いと思います。

色聴的には、彩音ゆめの声に思春期の女性特有の茶色が見えます。これが結構貴重で大人になって声質変わるとこの色は無くなってしまう事が多いです。中の人が声を収録したのはかなり若い時じゃないでしょうか…
雨月は紺色です。紺はV系とかロックとか好きそうなボーイッシュな女性に多いイメージです。
サムネ絵の一部分その色を表現しているつもりです…

二人の声の色は、レコード音源の黄土色とシンセの青っぽい寒色系が混ざってうまくつなぎ合わせてくれます。
サビに来るキラキラした音は雨や涙のイメージで作ったつもりですがなぜか金色に見える時が…
ドラムは難しかった。濃いあずき色が全然消えてくれなくて、いろいろ試して茶系に落ち着きました。
CLOUDY TOWNっていうタイトルなのに灰色っぽい感じは無いですね…ピアノとキックが若干灰色かな…
何言ってんのか分かんなくてごめんなさい。
PR

庭の紅葉

我が家の庭園の紅葉が見ごろです。京都行く必要なっしんぐです。

 

 真っ赤でやばいです。とりまやばたんです。

 

元々は祖父が作った庭なんですが、祖父が亡くなって空き家になって5年くらい放置状態でした。落ち葉が体積して地層みたくなり、雑草が生えて草むら化し、最終的に売地になりかけてたんですが、住まわせて頂きまして…現在は風流を愛するジイイみたいな性格の自分と、ひときわ几帳面な母親の共同管理で成り立っております。

落ち葉がやばいですがこれも風流という事であえて掃除はしません。面倒だからとかじゃないです。
オオスズメバチの巣があるので暖かい日はブンブン飛び回ってますが貴重なハチの生態を心行くまで観察できるという事であえて駆除はしません。お金かかるからとかじゃないです。


葛西りまさんが亡くなった青森の北常盤駅へ、新潟から献花に行った話


8月25日の10時頃、浪岡中学校2年の葛西りまさんが北常盤駅にて列車に飛び込み、亡くなられました。ご遺族の方々が公開した彼女の遺書には、同級生たちからいじめられていた事実と悲痛な思いが綴られていました。
時が経つにつれて徐々に凄惨な実態が明らかになって、この出来事の詳細を知った時には本当に胸が締め付けられる思いでした。どうしても心苦しくて居ても立っても居られず、亡くなった場所に直接お花を届けて冥福を祈りたいと思い至りました。

本来であればこういう内容は公表すべきではないと思います。自分は趣味の世界でひっそり生きていたい属性なのでそもそもブログのアクセス数が増えるような事をするのも怖いです。
ただ、りまさんが亡くなった事実を、彼女の抱えていた思いを一人でも多くの人に知ってほしい。
13歳の小さな子がなぜ自ら命を絶たなければいけなかったのか、こんなに悲しい事が二度と起こらないように、ここに辿り着いた人みんなに考えてほしいと思い、記録を残す事にしました。
若造が変な事してると思われるかもしれませんが、読んで頂けたなら嬉しいです。

お花は前日に職場の近くの花屋で購入しました。亡くなった方の為に選びたいと相談したら親切に一緒に選んで下さって、とても嬉しかったです。花屋のおばちゃんありがとうございました。車はの免許は持っていないので、新潟から青森までは250ccのバイクで花は大きめのリュックに入れました。

 

卵かけご飯を食べて朝6時、新潟の自宅を出発。新潟→山形→秋田と日本海側を北上して青森を目指します。7号線と、それに並走している建設途上の自動車道を使いながら行くのが現状の最短ルートでした。



ツーリングを楽しむ目的ではないので写真はこれぐらいしかありません。申し訳ない。
のどが渇いて水分を取るのに停車した山形と秋田の県境あたりの風景です。こんな所をずっと北上して行きます。
北に行くにつれて気温が下がり真冬装備で行ったのに物凄く寒かったです。高速では震えが出てきて風やら振動やらもあり、かなり体力が持っていかれるので恐ろしいです。花を運んでいるので、出来る限り早く届けたくて休憩は水分補給だけにして8時間半ほぼずっと乗りっぱなしでした。体もバイクも不調無く、黒石ICを降り14時半頃に北常盤駅に到着できました。



無事に献花をさせて頂くことができました。一緒に手紙を添えました。亡くなったホームに向かって祈らせて頂きました。本当に、本当にご冥福を心からお祈り申し上げます。
風がとても強く折り重なるように置かれていた献花ですが、翌朝、出立前に訪れた時には駅の方がしてくれたのか、綺麗に並べられていました。ありがとうございます。献花させてくれて、お話を聴かせてくれた駅員のおばちゃん、ありがとうございます。



向こう側のホーム、一番奥の所で青森行きの列車に飛び込んで亡くなられたそうです。
亡くなる時、何度も後ろを振り向いて泣いていた、お気に入りの服と靴を身に着けていたそうです。
献花を終えてから一日中涙が止まりませんでした。
どんな理由があっても、13歳の幼い子に自死を選ばせるような事があっては絶対に駄目です。
せっかく頑張って生まれて来てくれたのに、こんなむごい選択をさせてしまう世の中で本当に申し訳ない。生まれてきてくれた子供たちにもっと広い世界を見せてあげられるような、素晴らしい人生を与えられるような世の中にしなくてはいけないのに、自分の事ばかり考えて生きてしまい申し訳ない。本当に申し訳ない。今こうやって書いている間も涙が止まらない…

お願いします、こんな風に優しくて、繊細で、友達思いで、少し変わっているけれど感受性が強くて魅力的な子が居たら、絶対に死なせないで下さい。何があっても、何があっても守って、お願いです。必要なんです。良い子が増えれば、良い大人になって良い社会を作ってくれるんです。
この世界を温かく、平和なものにするために、生まれてきてくれているんです。
こういう子が本当に必要なんです。何よりも大切なんです。宝物なんです。尊いんです。
沢山の楽しみを与えてあげて、広い世界を見せてあげて下さい。日本は広いです。素敵な友達や恋人に囲まれて幸せに過ごせる場所が必ずあります。
小さな言動や行動からでも良いです、みんなが守ってくれればきっと変わるんです。

もし、りまさんと同じような境遇の子がここを見ているなら、僕からお願いです。
あなたの心がどうしても未来の世界に必要なんです。あなたが傷つくのは、素晴らしい優しさを持っているからです。あなたが落ち込むのは、同じ気持ちを味わっている人を助ける強い心をいつか持つためです。
その貴重な命を、人を傷つけても心が痛まないような奴らの為に使う必要なんて無い。周りに合わせるのが苦手なら無理をして学校なんか行かなくてもいい。ネットで友達作ったり、好きな所に出かけたりして個性を磨いて最高に素敵な大人になれるから、どうか死なないで。自由に生きて。

彼女は偶然にも、悪い人達に囲まれて逃げ場も無くなってしまった。
誰も守ってあげられなかった…


飛び込んだ直後に、強い痛みと共に、凄く後悔したと思います…


この場所で、そんな感情が伝わったような気がしただけです。変な事言ってごめんなさい。
弘前駅前のホテルで一泊し、翌日に再度訪れ祈ってから帰宅しました。帰りの道のりでも時折泣いてました…泣き虫で情けないです。



色々ご意見はあるかと思いますが、もしこの記事を読んで何か感じた事があるなら、ツイートやシェアをして頂けると嬉しいです。報われます。明日からまたいつものひっそり人間に戻ります。読んでいただきありがとうございました。

最後に、葛西りまさんの手踊りの動画を載せておきます。手前後ろ側ピンクの着物を来た子です。輝いてます。



葛西りまさんへ
あなたがどんなに苦しかったのか
想像するたび 心が強く痛みます
ここであなたが亡くなった事は
決して忘れません
あなたの抱えていた思いは
決して無駄にはしません
あなたのように素敵な人が
安らげるような世の中にします
どうか安らかに眠って下さい

新潟から 心をこめて

【雪歌ユフ】MIND TRAVELER【オリジナル】歌詞と楽曲解説



★ニコニコ版はこちらやなんやで?

心の旅をして見聞を広めよう 犯した罪の重さに気付くため
世界が終わってもその旅を続けよう 永遠の愛をつぬらくまで

やがて風になってあなたの頬に触れたい
 
遠く 遠く 遠くまで 歩いて体を失っても
廻る 廻る 廻るよ 星を一周して心はきっとあなたの元へ
 
心から愛するあなたの幸せな 生活に僕がいらないなら
目を閉じ祈ってから静かに去る事が 本当の愛だと思うから

たくさん傷つけて本当にごめんね
 
遠く 遠く 遠くまで 歩いて体を失っても
廻る 廻る 廻るよ 星を一周して心はきっとあなたの元へ
 
風に 風に 風になれ この命愛の風になれ
 
遠く 遠く 遠くまで 歩いて体を失っても
廻る 廻る 廻るよ 星を一周して心はきっとあなたの元へ


★解説
立て続けに変な曲を上げてからのまさかの真面目曲でした。風の音多めのアンビエントです。
ドンキーコング2のBGM作ってるデビッド・ワイズ氏の曲を知ってからアンビエントが好きになり、作ってみたかったんです。
鼓膜を震わす為にサビ前に高周波音を作ったのですが高周波すぎて一部イヤホンだと聴こえないかもしれません。キーンという音が駆け抜けたならあなたはラッキー。
今後、特定の周波数じゃないと聴こえないみたいな音を意図的に作るのも面白そうですね。

色聴的には、全体を通して青緑色、場所により薄い水色、若草色が強く見える感じになっています。ユフさんの声が薄い水色なのでそれに全体像を合わせている感じです。余韻が多いので白(透明?)もかなり多い。暖色系はドラムが所々黄色っぽく見える以外ほぼありません。

歌詞はさらーっと浮かびました。マグロジュースの正直どうでもいい恋愛体験をユフさんのお力と補正力で美しく歌いあげて頂きました。
イラストもかなりさらーっと描きました。いつもの基本がさらーなんでガッツリ描いたことがむしろ無いです。

↑追記です。これは書こうか迷ったのですがこんな自分も昔はとても深い恋愛をしていた事がありまして、恋人を誰よりも愛していたし、愛されてました。しかし多くの迷惑をかけてしまい、いつしかその人にとって自分は不要な存在となり、失いました。どんなに悔もうと、もう二度と会うことは叶いませんが、恋人は一生に一人がいいという想いが強くあって、自分が一生独り身で想い続けていれば死と共に、本当の愛情だったと証明できると思うんですよね。そんな曲でございました…

魚沼スカイラインには優しい熊が居た

  
グンマーと国境を接する幻の米を造りし街ウオヌマーへ行ってきました。
バイクで魚沼スカイラインを走りました。曇りで小雨が降っていて、若干霧っぽい時もあり、更に月曜日という事で自分以外に人が居ませんでした。
完全に独り占めです。

山頂の展望台のすぐ近くで普通に熊が3匹居て、親と思われるデカいの、子供と思われる中くらいのが2匹道路を渡ろうとしていたので、いつもの癖でうっかり目の前で停車してしまいました。人間の時と同じ感覚で…

ゴールド免許ですから。優良運転者ですから。気付いたら熊にも道を譲っていたんですね俺えらい。

2.3mくらいの超至近距離で目が合って若干ドキドキしたんですが、困ったような顔をしてそのまま前を横切って行きました。全然怒ってるような顔じゃなくて、なんか優しそうな熊だったんで逆に緊張が解けました。ほっこりしていい思い出になりました。本当に人が誰もいなかったんでむしろ熊に会えて心なしか寂しくなくなりました。

写真が撮りたかった…すぐ行っちゃったので撮れなかったです。非常に残念。

熊に道を譲ったバイク乗りは中々居ないんじゃないかと思います。職場で結構話しました。
きっと熊の方も人間に道譲られたと山の動物たちに話したのではないかと思います。

山の動物たちの俺に対する好感度が確実に上昇しましたよね。

但し後で調べた所かなりレアケースというか相当危険な状況だったようですので…出会った熊がみんな優しいとは限りませんので…皆さまくれぐれもお気をつけて。


↑の山からのろしが上がると、グンマー帝国が攻めてきた合図だそうです

        
  • 1
  • 2
  • 3